新築時から対策をしてシロアリから家を守ろう

見えない間に進行している恐怖のシロアリ被害

シロアリ被害は意外に大きい〜今すぐ専門業者に相談を〜

シロアリ被害とはどんなものか

日本の家の多くは、木造住宅となっています。木造住宅で気をつけておくべきなのが、シロアリです。自分の家がシロアリの住処になってしまうと、大きな被害を受けてしまいます。 "

外来種に要注意

ここ数年で増加しているのが、「アメリカカンザイシロアリ」による被害です。アメリカカンザイシロアリとは、元々日本で生息していなかった外来種のシロアリです。アメリカカンザイシロアリは、乾燥した木材の微量な水分でも生きることができるので、加害範囲はとても広くなります。そのため、床下調査だけでは被害に気づかないこともあるのです。天井裏や柱、家具、ピアノなどが全て対象となるので注意しましょう。

まずはこれから始めてみよう

シロアリ対策と言えば、薬剤を散布するようなイメージが強いですが、自分ですぐに始められる対策方法もあります。

シロアリをおびき寄せてしまう原因の1つが、ダンボールや本です。ダンボールや本には、木材に含まれているセルロースというシロアリの大好物の成分が含まれています。そのためダンボールや本を放置しているだけで、シロアリの餌となってしまうのです。ですから、紙製品は処分して、なるべく家に放置しないようにしましょう。

TOPボタン